テナガザルについての研究発表 一覧

28 Yoichi Inoue, Waidi Sinun, Shigeto Yosida, Kazuo Okanoya (2013), Intergroup and intragroup antiphonal songs in wild male Mueller’s gibbons (Hylobates muelleri), Interaction Studies, Vol. 14(1), 24-43

27 Yoichi Inoue, Waidi Sinun, Shigeto Yosida, Kazuo Okanoya (2012), Male gibbons change the note order according to the behacioral situations, Evolang 9 (The 9th International Conference on the Evolution of Language)

26 井上陽一、吉田重人、岡ノ谷一夫(2011): 野生テナガザルと飼育テナガザルの行動比較、Animal2011

25 井上陽一、Waidi SINUN、吉田重人、岡ノ谷一夫(2011): 野生ミューラーテナガザルの行動と歌―100日間の観察―(ポスター発表)、第27回日本霊長類学会大会

24 Yoichi Inoue, Etsuko Inoue, Misato Hayashi and Shoji Itakura (2010): A NONVERBAL FALSE-BELIEF TASK IN GIBBONS, CHIMPANZEES AND HUMAN CHILDREN, International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010, IPS10-0796_P1

23 井上陽一・井上悦子・林 美里・板倉昭二 (2009): チンパンジーにおける“誤信念課題”, SAGA12要旨集, P06

22 Yoichi Inoue, Shigeto Yosida and Kazuo Okanoya (2008): Does a male gibbon change the note order according to the behavioral situations?, The 13th Auditory Research Forum

21 Yoichi Inoue, Shigeto Yosida, Kazuo Okanoya (2008): Gibbon Song Syntax Decodes Behavioral Contexts, The 10th International Conference on Music Perception and Cognition: Symposium 11. Animal Calls, Music, and Language: Search for Common Themes in Evolution

20 井上陽一・井上悦子・安積昴志・Waidi Sinun・吉田重人・岡ノ谷一夫 (2007): 一斉開花と野生テナガザルの行動変化:遊び、グルーミング、歌行動, 日本動物行動学会第26回大会

19 井上陽一・井上悦子・板倉昭二・竹下秀子 (2007): テナガザルの技術的知性と社会的知性, 日本霊長類学会第23回大会

18 井上悦子・井上陽一 (2006): シロテテナガザルにおけるランドマークを使用した回転・置換課題, SAGA9要旨集, P02

17 井上陽一・井上悦子・Waidi Sinun・吉田重人・岡ノ谷一夫 (2006): ミューラーテナガザルの雄の歌における系列規則, 日本動物行動学会第25回大会

16
井上陽一・井上悦子 (2006): 野生ミューラーテナガザルの雨季と乾季の行動比較, 日本霊長類学会第22回大会

15 井上陽一・吉田重人・岡ノ谷一夫 (2005): 野生ミューラーテナガザルの鳴き交わし分析, 日本動物行動学会第24回大会

14 井上陽一・井上耕治 (2005): 写真で見る野生テナガザルの行動, SAGA8要旨集, P05

13 井上悦子・井上陽一 (2005): シロテテナガザルにおける色と形の弁別課題, SAGA8要旨集, P06

12 井上陽一 (2005): ミューラーテナガザルの歌によるインタラクション, 日本霊長類学会第21回大会 Abstract

11
井上陽一・井上悦子 (2004): テナガザル年長者の年少者に対する配慮行動,SAGA7要旨集, P07

10
井上悦子・井上陽一・竹下秀子 (2004): シロテテナガザルの対象操作の発達と道具使用, SAGA7要旨集, P06

9
YOICHI INOUE; ETSUKO INOUE; SHOJI ITAKURA (2004): Use of experimenter-given directional cues by a young white-handed gibbon (Hylobates lar), Japanese Psychological Research, vol. 46, iss. 3, pp. 262-267(6) Abstract

8 井上陽一 (2004): テナガザルのソングによる駆け引き, 日本霊長類学会第20回大会

7 Yoichi Inoue, Etsuko Inoue and Shoji Itakura (2003): Does a young gibbon understand seeing-knowing relationship ? , SAGA6要旨集 P01

6
井上陽一 (2003): 野生ミューラーテナガザル(Hylobates muelleri)に対するプレイバック実験, 日本霊長類学会第19回大会

5
Inoue, Y. & Inoue, E .(2002): The trap-table problem with a young white-handed gibbon (Hylobates lar), Abstracts of the Joint International Symposium of COE2/SAGA5 "Evolution of the Apes and the Origins of the Human Beings",34  要旨

4
井上陽一・井上悦子 (2002) : シロテテナガザル(Hylobates lar)“さくら”の発達記録−1歳10ヶ月〜2歳11ヶ月、人間発達研究所紀要15,71-86

3 井上悦子・井上陽一 (2002) : シロテテナガザル幼児(4歳未満)の発達, SAGA5/要旨集,P-10 要旨

2
井上陽一 (2001) : ボルネオ島北部での野生テナガザルの行動観察, SAGA4要旨集

1 井上陽一・井上悦子・二本松俊邦 (2000) : シロテテナガザル(1歳10ヶ月〜2歳8ヶ月齢)の発達検査, SAGA3要旨集A-2-4

HPtopへ

inserted by FC2 system